人にやさしい家づくり

高齢化の進展に伴い、自立した生活を延長し、介護者の負担軽減が可能な住宅へのリフォーム需要が今高まっています。しかし、建築関係業者の現状でいうと、高齢者の住宅リフォームに関する専門知識、技術を持つ設計・施工者の数はまだ十分ではありません。
その点当社は、長年の知識と技術を生かして行き届いた住宅のリフォームを手がけております。お気軽にご相談ください。(増改築相談員登録店)

アプローチ

玄関まで安全に行けることを考え、段差をなくしスロープを設けることが必要です。

高齢者専用室

 お年寄りの身体にあわせた安全で使いやすい位置や高さが大切です。
 また、思い出の品や大切なものが収納できる十分なスペースが必要です。

階段

転倒事故を防止するために階段の形状や勾配に注意し、手すりや足もと灯などの設備が必要です。
 お年寄りに階段の昇り降りは負担ですから階段を使わない間取りの工夫が重要です。

台所

収納や流しの高さなどおとしよりの身体の状況を考慮した設備とし使いやすくすることが大切す。
 また、火を使う場所ですから安全に十分配慮しなければなりません。

浴室

滑ったりつまずいたりしないよう床の材料や出入り口の段差に注意することが大切です。
 浴槽をまたぐ高さを低くし、手すりを取り付けるなどの配慮も必要です。
 また、介助のことを考え、広さの余裕を持たせましょう。

トイレ

年をとるほど利用回数が増えるので、寝室の近くに配置することが大切です。
身体が不自由になった時の介助のしやすさを考え、あらかじめ広めにするか、
将来広く改造できるようにすることも大切です。

",3); ?>